代表者挨拶

学校支援ボランティアで学校・地域に新しい風を!

 成増小学校支援地域本部 
 代表   眞壁 史朗

 子どもたちが将来の夢や希望に向かって生き生きと成長するためには、子どもたち一人ひとりに「しっかりとした学力と豊かな心」を育むことが大切です。そのためには、学校の先生方と地域や保護者の信頼関係を深め、その共通の願いに向けて一緒に行動することが大切です。また、地域の方々が、これまで培ってこられた知識や技術、経験を身近な地域で活かす生涯学習の場を提供することも大切です。
 成増小学校では昨年の11月より文部科学省の学校支援地域本部を設置し、区内の先駆けとしてその体制を整えて参りました。成増小学校支援地域本部は、地域全体で学校教育を支援する体制づくりを推進することにより、先生方が子どもと向き合う時間を少しでも増やし、保護者や地域住民等の学習成果の活用機会の拡充及び地域の教育力の活性化を図ることを目的としています。
 この1年間、本事業は学校支援の推進に向けて様々な取り込みを行い、約100人を越える学校支援ボランティアの皆さんにお力をお借りしてきました。
 また、学校支援地域本部の設置は、区教委が本年度発表した「いたばし学び支援プラン」の重点事業となり、今後は実施地域も拡大されることとなりました。私たち成増小学校支援地域本部は、これまで取り組んできた成果を広く情報発信することで、地域社会の一人ひとりが子どもたちの育ちを支えることの大切さを確認する契機となることを願っています。
 最後になりましたが、この学校支援地域本部運営を支えていただいている区教委の学校地域連携担当課の皆様をはじめ、学校の先生方、そして何よりも学校支援ボランティアとして活動していただいている地域・保護者の皆様に、心より感謝申し上げます。